2024年最新情報!在住者が薦める冬のベルリン旅行での必須アイテム12選

アフィリエイト広告を利用しています
情報

初の海外旅行でドイツのベルリンに予定を計画中の人も多いと思います
この記事ではベルリンで2020年のコロナ禍から現在まで生活をしている私が
アフターコロナの現地近況情報を元にお知らせします

それと共に旅支度の準備において、持っていくべきお勧めのアイテムと不要なアイテムも情報共有したいと思います

旅行の日数や予算にもよるけど、思い出は多い方が良いし、荷物は少ない方が良い!
帰ってから使わなくて荷物にならないように、役に立てば何よりです

その他個人的な主観でアドバイスをさせていただきます

では参りましょう!!

必須アイテム 12選!+おまけ

必ず必要なもの

パスポート海外旅行保険加入クレジットカード(VISAかMasterCardで海外旅行保険が適用されているものが良いです)

これらは言わずのものなので今回は割愛します、詳しい参考サイトのリンクをそれぞれ貼っておきます→こちらの「参考サイトを紹介させていただきます

とても詳しい記事です!

充電器とケーブル

機種によって端末の差し込みが違うので旅行メンバーと事前に合わせておくとお互いに貸し借り出来るので助かります microUSB/type・C/ライトニング(iPhone)がありますよね

最近ではtype・Cに統一してきましたがまだまだiPhoneのLightningケーブルも必要だったりします

海外対応品
充電用ケーブル

便利そうな短いケーブルは一周回って、結局不便ですので1m以上のものにしましょう

差し込みアウトプットが床に近く遠い場合もあります
また便利な3タイプ使えるケーブルもありますが、不要な端子がやはり鞄の中で邪魔です
不要なストレスの元は絶っておきましょう

プラグ変換器・アダプター

ヨーロッパはCタイプです

2つ丸穴が差し込みですがこちらも今後も使えるバリエーションがあるものがいいと考えます、安いのはやっぱりそれなりなので最低限のものをチョイスしてください、USBポートが付いてるので私がこれがオススメです、専用カバーケースもあるので安心!

またアダプターもW(ワット)数の高いものが充電待ち時間の節約になりますが、バッテリーの負担を気にするなら純正のものを準備ください

差し込み・USBソケット付き
携帯充電器

街中移動中に充電が少なくなると不安になってきます、最低1回はフル充電できるような物を持っていきましょう、ベルリンでもお土産屋さんでも売ってますが高いです
海外旅行されるくらいの人なら今後も使えるので買っておきましょう

あとバッテリー寿命も気にしておいた方が良いです、寿命状況が85%ほどで写真を多く撮ってると4〜5時間で心もとなくなってきます

差し込みと再チャージの為にも、ご自身のスマホにあったものを用意しておきましょう

現金(€ユーロ)
10 euro bill on black textile

コロナ禍以降は日本同様にカード決済が本当に増えました、カード自体も持参がおすすめですが

スマホのウォレット機能に登録しておくと便利です、財布出すよりスマホ出す方が慣れているし早い!

でも、一部現金だけのところもあります、個人マーケットや屋台のソーセージ屋さん、またクリスマスマーケットの店舗なども該当します

多額の紙幣は入りませんが、2€硬貨、5、10、20€紙幣までは使う場面が多くあります
100€紙幣を出すと嫌がられる時もあります笑(お釣りがないとかの理由で)

あとは観光地での弾き語りが気に入ったら投げ銭しても喜ばれますし、観光客のこちらも気分が良くなります、入れたら必ず超笑顔か「Danke(ダンケ)」ありがとうと言ってくれますよ😄
周りの状況も見てご自身の気持ちの範囲でどうぞ
また、電車なのでは勝手に新聞販売や演奏を始める人もいて迷惑です、流石のドイツ人も見て見ぬふりでやり過ごしています

ちなみに日本での両替が断然レートが良いですが、カード決済ができる時はクレジットカードに統一しておきましょう

レストランなどでもチップ(サービス料)がカード金額と一緒にできない店舗もあります、その時にさっと現金で渡しましょう、よく10%(日本でホテルとか10%が基本ですけどね)とも言われますがキリの良い数字にする方が喜ばれます、切り上げで足りなければ上乗せ分を足しましょう、端数で小銭のやり取りの方が少し嫌そうな感じになります
(会計82€なら82をクレジットカードで支払いチップを現金5€にするか、合わせて85€でもいいです、食事が本当に楽しめたらそれこそ90€でもいいです)←テーブル会計がほとんどです

お釣りがいらない時は「Stimmt so(スティムトゾー)」と言って見ましょう、笑顔で接してくれます

レンタルwifi

私が使ったことがあるレンタルWi-FiはグローバルWi-FiとイモトのWi-Fiの2種類
私的に比較した結果は断然「グローバルWi-Fi」がオススメです!!!

動画を見たりするなら3GB/日は必要、特になく調べ物だけなら1GB/日のプランで充分です

仲間内のやり取りや、支払いの決済、地図の検索などスマホがほどんど必要になります、街中やカフェでもFree Wi-Fiを使用できる環境はあります

が、悲しい事に未だベルリンでも弱いところがあり十分ではないのが現状です(遅い・・)
正直ほとんど機能しません

ストレス無く機能するのはホテルなどの宿泊施設のWi-Fiのみとだけ思っておいた方が無難です

常備薬

black and red wooden door

旅の途中で急な腹痛や頭痛、また乗り物酔い、怪我に痒み止め、持病のある方はそのお薬

せっかくの旅行中に体調不良になると、日中の計画を変更したり支払いを済ませた予約も返金できなかったりと気持ちとテンション的にも良くないです、またお財布も手痛くなります
自身が日常使用しているものは最低限で持っていきましょう

Apothekeと言うドイツの薬局でも代わりのものが購入可能な場合がありますが、慣れないとやはりやり取りに時間と気持ちの体力も消費してしまいます

写真左はApothekeで購入可能(化膿止めの塗り薬)、写真中は痒み止めと虫よけスプレー(Fenistil)
はApotheke、Autanはdmなどドラックストアで購入可能です

オススメのアイテム

スリッパ

さあ、出発!
最初に必要になります、飛行機での移動時間が10時間を軽く超えるので機内で過ごすのには一番にオススメする物です

またホテルなどの⭐︎ランク(3つ星以下)によっては日本のように当たり前にないので
ここでも活躍してくれます、今や100円均一でもありますがペラペラすぎるので、耐久性のあるコンパクトでかつ、スリッパ底がまずまずのものをお持ちください

一つは常備しておきたいスリッパ
ヒートテックなどの下着

12月〜3月くらいまでのベルリン市内の平均気温は平均-2℃〜5℃(深夜はマイナスになることもあります)

緯度が北海道より少し上と言いますが、この3年間は寒波の到来以外で極寒という日ははあまりありません、雪も降りますが積もる事はほとんど無いのが現状です、温暖化かな??

室内のほとんどのところは過ごしやすい気温に設定してあることが多いです
肌着と厚手の上着(セーターやパーカー等)で問題ないです、寒がりの人は薄手のベストをどうぞ

荷物がかさばらないように日数に応じて調整ください

あまり着こんでいると食事の時などに暑くてリラックスできなくなります、上着を脱ぐだけで体温調整ができるようにしておきましょう
しかしながら、外は流石に寒いのでアウターは首までしっかり守ってくれるものがいいです、フード付き(帽子代わりになるので)が特に重宝してくれること間違いなしです

手袋もあった方がいいです、時間があるならドイツのマーケットなどを見て回ると楽しいです
革製の手袋は程度の良いものが多くて長く使えます、スリッパやマフラー、手袋を専門に販売しているブースがあれば「ハロー!」と明るく声をかけてのぞいて見てください、20〜30€(3,200〜4,700円くらい)と幅はありますが品質は本当に良いものばかりです

宿泊所での部屋着

先のスリッパ同様にランクによってはスリッパもありません、中クラスのビジネスホテルにあるのは

備え付けドライヤー、洗顔タオル、バスタオル、リンスインシャンプー、湯沸かし器(T-falみたいな物)くらいと思っておきましょう、紅茶パック等を置いててもコップが無いとかもあります😅

部屋着はかさばらない上下スウェットなどで充分です

そして、アメニティー類は基本ありません、私も色々失敗しましたので・・・泣

歯ブラシ・歯磨き粉
写真上はシャンプー、下は歯磨き粉どちらも100ml以下の旅行サイズ

現地購入可能ですが「歯ブラシのヘッドが大きすぎ!!」が私の感想です(口痛いわ!)

ヘッドがコンパクトな物ももちろんあります、旅行気分で嫌な事の節約のためにも持っていく方が無難です、味も人によっては苦手であったり、幾つも買うのも勿体無いので持参しましょう

安いものはそれなりなのです

安い歯ブラシのヘッドは親指くらいのサイズ
スマホケースショルダー型

さてさて、最近は流行っている肩掛けホルダーのケース、ファッションにもなりますね
旅先でも記念撮影も多く撮っておきたいところです☺️

海外での予期せぬ落下で故障や画面の割れなどがあると詰みます・・・オワタ!
その面からも手帳型のショルダーケースは最強と私は思います

意外に便利に使えるし収納に影響しない
日本茶のテイーパック

再度書きますが、基本中級ホテルには何も無いと思いましょう
「ホッと」1日の疲れと共に飲みたくなるかもしれないので荷物にならないから持っていきましょう

紅茶はどこでも買えますが日本茶はあっても高いです!ペットボトルの「おーいお茶」などもありますが1本500円くらいしますよ

つくづく日本のサービスは凄すぎます、海外での生活で実感した事の第1位です!!

旅行時や災害時などのために常備出来ます
『おまけ』

1週間くらいの旅行予定の方は醤油パックと簡易味噌汁もオススメします、こちらで外食ばかりだと塩分の強いものや馴染みのないものもあると思います
スーパーでちょい買いしても残るので少量を持ち込みましょう、世界一ヘルシーな日本料理!!の味

なくても困らないもの・不要アイテムから9選!

防寒帽子

アウターにフードがあれば防寒帽子は無くても問題ないと思います、最低イヤーウォーマーはあった方が良いですね、これこそありがたい100円均一の品でいいと考えます
被り忘れ、紛失、荷物の節約のためが理由です

折りたたみ傘

同じく手荷物の省略が理由です
だいたいどこでも購入可能

急な雨の時は傘を買ったと思ってカフェでコーヒーでも飲んで雨宿りしましょう、風が強いこともあるので歩き難いです、降らない時は文字通りお荷物さんです

一日中雨ってこともほとんどないのでところどころでやり過ごしましょう
ドイツ人の人、ほぼ傘を持っていません
まあまあ降ってても傘を使いません(笑)

どうしてもという方は「Rossmanndm」でも購入可能で「550円〜1,000円」ほどです、、、が弱いです

エコバック

こちらでも袋は有料です(高級デパートなどは除きます)

紙製・布製・麻製と色々あります、どこの店でもレジ付近の足元にありますので、せっかくならベルリンのロゴやメーカーの名前入りのものを買ってみましょう、かさばらないからお土産にもなりますし、丈夫な物が多いので帰国してからも使えます

おすすめはアンペルマンショップのレジにあるエコバック(上記写真)、2.5€と安くてデザインも私は好きです(ちなみにアンペルとは信号の事、旧東ドイツの名残のキャラクターです)
その他のお土産用は10€を超えます(デザインは多くていいですけどね)配り用にいかがですか?笑

アンペルマンって??

除菌スプレー・除菌シート類
150円程で買える物もあるのでお土産にも良いですね

気になる人は「Rossmanndm(日本のマツキヨのようなところ)」というドラックストアを探しましょう、日本のコンビニくらい店舗数があります
ベルリン市内は観光地でもあるので大体どこでもトラベルサイズのシリーズが充実してるので購入可能

シャンプーや歯磨き粉その他、衛生用品等々もありますし、コスメ系や紅茶土産、文具やお菓子類もあるので立ち寄るのをオススメします海外の店舗見学も面白いですよ!!
おすすめはミニサイズで絵柄が良い「ニベアクリーム」

観光の一つに楽しんでみてください

電圧変換器に関して

電動髭剃りやドライヤーの電化製品を持っていくなら確認項目があります

100Vー240Vの表記があるかを荷物をまとめる時に確認しておきましょう「Input: 100-240V 0.45A 50-60Hz」知らずにプラグ変換だけ差し込んで使おうとすると一瞬で壊れます
後には焦げた香りが漂います・・・虚しぃぃ

電子辞書

旅行でまず使わないでしょうW

今やスマホのアプリで十分対応可能です、微妙に重いですし、預け荷物とかで故障するかもしれません
それよりも充電の方を気にしましょう

ポケトーク

便利な物ですがこれも今やスマホで対応可能と考えます(※最終的にはご自身の判断にまかせます

本体代とSIM代も結構高くつきます¥
数回の旅行だけの面ではコスパ的にもスマホの携帯充電器代かスマホケース代にかけていい物を買いましょう

なくても一生懸命伝えようとすればなんとかなります、意外にドイツの人優しいです!
私のおすすめアプリも紹介しておきます→DEEP-L(翻訳アプリ)

【東証上場の安心企業 / 新品・在庫あり】●POCKETALK (ポケトーク)S Plus グローバル通信(2年)付き PTSPGW [ホワイト] (281080) 【送料無料!(沖縄、離島除く)】

価格:29567円
(2023/12/20 23:39時点)

【ポケトーク公式店】ポケトーク W Wi-FiWi-Fi接続専用 翻訳機 通訳機 電子辞書 カメラ翻訳 海外旅行 便利グッズ 語学学習

価格:9480円
(2023/12/20 23:39時点)

防寒靴

これに関しては旅行のスケジュールによりますが、寒い情報だけで超防寒靴で行くとしんどいです

観光地巡り・クリスマスマーケット・などと比較的外が多いなら防寒用が良いですが
歩きにくければ疲れすぎてしまいます

厚手の靴下とメッシュではない歩きやすい靴をオススメします、ちなみにブーツタイプは外でだけで効果を発揮します、賛否両論ですね
外でグリューワインを飲むとかなら底から冷えてくるのでボア付きの厚底靴の選択の一つになります

ベルリン地図

日本でわざわざ買わなくても良いです

結構な確率で「地球の歩き方」が重宝しますこれを元にすれば良いです

現地の路線地図は観光案内所や空港もしくは主要駅で手に入れましょう、結局駅名なんかはドイツ語なのでそんなに不便しません

その他はスマホでナビです!!

スマホを使いながら見れるので紙媒体も役に立ちます、くしゃくしゃになった後は思い出と旅の記念にもなります!

ベルリン観光の案内はこちらの記事をご参考にして見てください→

そのほかベルリンの観光ガイドに載っていない情報記事は以下リンクよりどうぞ↓

ガイドブックに載って無い穴場!ベルリンの熊の由来とその種類やデザイン
ベルリン観光名所とは別のもう一つの楽しみ方、お金と時間をかけずに観光のついでに楽しめるベルリンのシンボルを紹介しています。

現地の格安衣料店情報

ZoologischerGarten駅近く(でかいので駅前から見えます)

靴下や下着そのほか、予期せぬ破損や忘れ物の際に現地購入も視野に入れておきましょう

この店舗は本当に安い!日本でいう「しまむら」並みの価格が多いですが品質は値段相応になってます
ないと困るし、洗濯できないし、一時凌ぎでもあるなら行って見てください

PRIMARK」中心部に2店舗あるのでどちらか都合の良い方にどうぞ!

また、これ以外に気になるところがありましたれコメントかメールをください
可能な限りお答えしますし、わからなければ現地調査も検討します!

日本料理人 ー海外生活の忘備録ー - にほんブログ村和食・日本料理ランキング
プロフィール
在ドイツ公邸料理人
kawablog

日本料理歴25年の経験をもとにブログで日本料理の魅力を広めようとしてます
兵庫県出身 高校を卒業し大阪のホテルでの修行後
2020年11月よりドイツの公邸料理人として赴任(在職中)

若い日本料理人向けに専門的な季節料理の記事やアレンジレシピ・考え方や由来なども含めた記事にしています

またベルリンでの生活状況・観光情報も私なりの解釈を含めて紹介
楽しんでもらえれば何よりです

ご意見やご指摘、わかり難い記述等がありましたらコメント欄から指摘をお願いします

kawablogをフォローする
情報
kawablogをフォローする
料理人の備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました