2024年最新 ベルリンで日本食材店が買えるお店情報

アフィリエイト広告を利用しています
情報

日本のものが買えるお店はここだ

日本を離れて数日、数ヶ月、人によっては数年にもなれば日本食が食べたくなるでしょう

この記事では2023年10月現在のベルリンにおける日本食材の販売状況を購入場所と品物も合わせてご紹介します

英国、ドイツにて拠点を持つ日本食材、アジア食材卸のJFE/SFG Group(Japan food express/Scotch Frost of Glasgow)、JFEドイツ社が2023年9月ベルリンでは初の日系食品スーパーをJapan Plazaを開店。店舗に豊富な品揃え、日本野菜、惣菜等、食事もできるビストロもあり、ドイツにて益々人気日本食をベルリンっ子に本物の日本の味を楽しんでもらえることを目指す。

既にJFEドイツ社はデュッセルドルフにて輸入卸業と日本食小売スーパー松竹を運営しており、今回のベルリン店は2店舗目となる。

ベルリンでも東ドイツ、東ヨーロッパ卸業強化拡大を目指し卸倉庫、事務所も同時にスタート

PR TIMES
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
より引用

JAPAN PLAZA-Supermarkt & Bistro-

9月下旬にオープンを迎えられたお店「JAPAN PLAZA:ジャパンプラザ」日本人街として有名なデュッセルドルフで小売店をしているFood Expressさんがオープンさせました

この情報が入ったので料理人としてはチェックしないといけません!!

場所はベルリンTVタワーの足元、アレクサンダープラッツのすぐ近くです

トラムのSpandauerstraße/Marienkirche(TVタワー側通り)から大型スーパー「kaufland」の前を通り過ぎ、最初の角を左に入って、50mほど進んだところに見えます(ケバブ屋の左横)

お店に向かって、右側が小レストラン「Bistro」、左がジャパンプラザ入口になります

開店して1週間との状況ですが、商品は綺麗に並べれおられます、土曜日ということもあってか、お客さんも多く忙しさが伝わってきました、まだまだすることが山積みなんでしょうね、商品の話でも伺えればと考えたましたが今回は断念しました

で、肝心の商品ラインナップなのですがお久しぶりの物があるわあるわ!

まずはドリンク類、コンビニのようにキッチリと整列しています、角ハイ缶がドイツに渡ってきました
高級エビスビールはこちらでさらに高級に!(1本約1,000円)ドイツ人もこの味に満足するはずと期待します

調味料コーナでは家庭で重宝するSB様のチューブ類と焼肉のタレがベルリンでは見たことないですね、しっかりした味付けが好まれるので焼肉のたれはドイツでも愛されると思います

次は嬉しい豆腐系が並びます、男前シリーズやケンちゃん豆腐も久々です!
冷奴で豆腐の味を楽しんで欲しいチョイスかと思いました、味噌類も種類が豊富、あとは生麹と酒粕はベルリンの店頭では買えないのでこれも初です

冷凍コーナーではガリガリ君(1本=1,5€)!! これは絶対人気出ますね、それと井村屋あずきバーもありました

刺身とアラもありますよ〜

今日では、ドイツの大手スーパーに寿司は必ずと言っていいほど売られていますが「刺身」はありません、ジャパンプラザにありました、そしてその刺身鮮度のアラも販売されています、真鯛、鰤、サーモン+蛸まで!日本産なのかは伺えず

これはテンション上がりますが、価格はその努力の為に致し方ないと思います、こちらではそれほど貴重という事ですな!
日本では一般的に食べれることに感謝の気持ちがさらに強くなりますね

別コーナーにはおにぎりとお弁当までありました、本当にデュセルドルフのインマーマン通りにある「松竹:しょうちく」みたいでした

デュッセルドルフの食材情報

知る人ぞ知るドイツ最大の日本人街として栄える
デュッセルドルフ(Düsseldorf)のインマーマン通り(Immermannstrße)

※上記3枚目だけがギリシャスーパー「NIK THE GREEK」通称ニコラウの日本人が作る寿司弁当、10€以下で購入できるものもありかなりお手頃!!

鮮度が特に良いとデュッセルドルフの公邸料理人に情報をもらいました、こちらでこの値段でまず食べれるところはないかと思います場所もリンクを貼っておきますね

生鮮野菜

次に野菜類です、今回私が一番期待したところは野菜です

ありました、三つ葉と普通の大根に水菜、茗荷に舞茸、生なめこ、牛蒡と白ネギに静岡メロンまで!!

これらはまずベルリンの小売りで買えるところがありません

ないので三つ葉に関しては作ってましたからね(笑)その時間と労力に応じた値段と納得します、日本料理のスーパーサブ食材なのであると心強いです、されど三つ葉!!

毎週火曜日に入荷と伺いました、火曜日・水曜日は日本のありがたい生鮮野菜に出会えます!

日本酒・焼酎・ウイスキーまで

入り口のまるでコンビニの冷蔵庫とは別の一角にお酒コーナーがあります

世界的に人気のジャパンウイスキーはお土産にも喜ばれています

大手百貨店でも日本酒が販売されていますが、やっぱり特化した店舗なので品揃えは多かったです

特に芋に麦と焼酎が多く感じました、日本酒は知名度もあるので種類が多いのはわかりますが焼酎も広めるんですね〜

他のお酒よりはいささか健康面に気を使えるのでこれも流行ると思います、ドイツでもチラホラと健康志向になっていますから、焼酎の健康面に関する記事は「こちら」で丁寧に解説されています、勉強になりました

まとめ

ベルリン最新情報で新たな日本食材店「JAPAN PLAZA-Supermarkt & Bistro-」オープンしました

豆腐、味噌、冷凍麺、おにぎりに弁当、調味料にお刺身と魚のアラまでと幅広い品揃えがあります、また定期入荷の生鮮野菜も時期の物も加わって季節ごとに楽しめるようになります

飲料類は日本酒・ウイスキー・ジンに焼酎と変わり種まで購入できますし、馴染みのキッチン用品、バス用品、洗浄用品とさまざまです

そしてお米が空輸便で到着するので便利でより美味しい食卓になりますね、壊れたら炊飯器も一緒に買えます

また隣のビストロではラーメンやカレー、焼き鳥にたこ焼きも販売されています
食事時は多いので食べてみたいなら時間をずらしてがおすすめです

このお店以外にも他の記事で紹介してるのでチェックしてみてください→「アジアの食材店

そしてこのお店、日本ならではのスタンプカード制度を導入されています、10ユーロで1つ押してくれて、20個貯めると5ユーロの割引クーポンとして使えます
ドイツで初めてのスタンプカードを手に入れました笑

補足:ドイツではスーパーや商店が多く加盟しているDeutschlandカードとPayBackカードの2種類があります、大体の生活圏はこの2種類で網羅されているのでポイント還元システムや現金還元システムとなってるので使いやすいです、日本は色々と多すぎて管理が大変です

2023年11月追記情報
日本人には恋しい漬物が作れるお手軽糠床の素を発見!!
ドイツの一般的な根菜類は値段の割にそもそも味が濃いので糠漬けに最適、旨く仕上がります
おすすめは人参とズッキーニの糠漬けです

日本料理人 ー海外生活の忘備録ー - にほんブログ村和食・日本料理ランキング
プロフィール
在ドイツ公邸料理人
kawablog

日本料理歴25年の経験をもとにブログで日本料理の魅力を広めようとしてます
兵庫県出身 高校を卒業し大阪のホテルでの修行後
2020年11月よりドイツの公邸料理人として赴任(在職中)

若い日本料理人向けに専門的な季節料理の記事やアレンジレシピ・考え方や由来なども含めた記事にしています

またベルリンでの生活状況・観光情報も私なりの解釈を含めて紹介
楽しんでもらえれば何よりです

ご意見やご指摘、わかり難い記述等がありましたらコメント欄から指摘をお願いします

kawablogをフォローする
情報生活:観光
kawablogをフォローする
料理人の備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました