海外生活 調理師と料理人 食の魅力を引き出す仕事とは

アフィリエイト広告を利用しています
restaurant kitchen chefs cooks 2623071情報
restaurant kitchen chefs cooks 2623071

調理師(料理人)としての道を選ぶことは、食への情熱と才能を活かす絶好の機会です。しかし、就職や調理師免許の取得には多くの努力と時間が必要です。そこで、この記事では就職に向けた具体的なステップと調理師免許の取得について紹介します。料理人年収も含め、料理人としての魅力を最大限に引き出す方法をお伝えします。

men chef chef man food male 1514505

知識と技量の習得

調理師(料理人)としてのキャリアをスタートさせるためには、幅広い知識と高い技量が求められます。

まずは基本的な調理技術や食材の知識を学ぶことから始めましょう。

専門学校や料理教室での学びも有効ですが、実務経験を積むことも重要です。

飲食業界でのアルバイトやインターンシップを通じて、実際の厨房での経験を積むことで、調理師(料理人)としてのスキルを磨くことができますし、指導してもらえる環境ではより知識と技量の習得ができます。

給与

調理師(料理人)の給与は、その経験や技術、所属する店舗の規模によって大きく異なります。

初心者の場合、最初の数年間は低い給与でのスタートとなることが多いですが、経験を積み重ねることで徐々に昇給することができます。

また、一流ホテルや高級レストランなどで働く場合は、高額な給与を期待することも可能です。

調理師(料理人)としてのスキルや実績を積み重ねることで、給与面でも充実した生活を送ることができるでしょう。

休日の時間の使い方

調理師(料理人)としての仕事は非常にハードで、休日の時間を有効に使うことが求められます。
休日は自分自身の成長やリフレッシュに充てることが重要ですが料理の勉強や新たな技術の習得、他の料理人との交流なども有効な過ごし方です。

また、自分のレシピや料理スタイルの開発をしたり、食材の調達に時間をかけることも料理人としての成長につながります。休日の時間を無駄にせず、料理人としての結果的にスキルアップになるような取り組みを楽しめてできればベストです。

就職

調理師(料理人)としての道を進むためには、まずは就職先を見つけることが必要です。求人情報サイトや飲食業界の専門誌、専門学校からの斡旋などを活用して、自分の希望や目標に合った店舗を探しましょう。

また、自分の特技や得意料理を生かせる場所、実務経験や資格、意欲や熱意をアピールできることでことで採用の可能性が高まります。

いずれにせよ何事も経験です一本心に決めて、採用されれば、とことん励んで、利用して、最短の習得を心がけてみましょう。

調理師免許の取得

調理師(料理人)としての道を進む上で、調理師免許の取得は欠かせません。

調理師免許は、調理師としての基本的な知識と技術を持っていることを証明するものです。免許を取得するには主に2通りあり、専門学校での調理師科の卒業や厚生労働省が認めた試験に合格する必要があります。
また、地域によっては高等学校の調理科というのもあります、そこで学科と実習を経て調理師免許を取得できます。

【ここまでのまとめ】
調理師(料理人)としての道を進むためには、幅広い知識と高い技量を身につけることが不可欠です。就職先を見つけるためには、自分の特技や得意料理を生かせる場所を選ぶことが重要です。また、調理師免許の取得は料理人としての基本的なスキルを持つための重要な要素です。

調理師(料理人)の年収は経験や技術、所属する店舗の規模によって異なりますが、給与面でも充実した生活を送ることができるでしょう。料理人としての魅力を最大限に引き出すために、知識と技量の習得とともに、休日の時間の使い方にも注意を払いましょう。料理人としてのキャリアをスタートさせるための具体的なステップを踏んで、料理人としての夢を実現させましょう。

個人的補足

そもそも調理師と料理人の言い訳って何なの?という疑問がそろそろ出そうなので書いておきます
調理師とは」調理法という国の国家試験に合格して資格として所持してるということ
料理人とは」料理を作る人のこと

これだけです

どちらが上とかではなく資格所持者が名乗れる名称・呼称の事で基本的に違いはありません、何度も書きますが資格を所持しているという事だけです

例え話じゃないですが、普通免許を持たないF1レーサーもおられるという事です

そのため以下は料理人と統一いたします

公邸料理人の魅力と料理人の年収、勤務地、やりがいについて

公邸料理人』とは一言で言うと、在外公館の大使・総領事専属の料理人になります。(外務省HPより) 

この節では公邸料理人という職業に興味を持ってる方に向けて魅力と給与面や勤務地、そして仕事のやりがいや海外勤務でのメリットとデメリット給与面や生活において料理人がどのような環境で働いているのか、やりがいや困難な事、見えない所なので不安もあるかもしれません、在外公館の勤務地によって違いはあれど主にどのような仕事状況であるのかを知りたい方は必見です。

この記事は私自身の経験を元に書いています。

公邸料理人とは、調理師としての免許を有する者又は相当期間にわたって料理人としての職歴を有する者で、在外公館長の公邸等における公的会食業務に従事する資格があると外務大臣が認めた者をいいます。

 在外公館は任国政府等との交渉・情報収集・人脈形成等の外交活動の拠点であり、在外公館長の公邸において任国政財官界等の有力者、各国外交団等を招待して会食等の機会を設けることは、最も有効な外交手段の一つです。この際に高品質の料理を提供すべく、在外公館長は通常、専任の料理人を公邸料理人として雇用し帯同しています。

外務省HPより引用

主な仕事としては大使・総領事の食事を作る事です。

仕事スタイルによってはお弁当を用意したり、時間も公務予定によって様々です、食事を常日頃から召し上がっていただくので、料理人のスタイルや味付け得意な料理など、また大使・総領事の嗜好もお互いに感じ取れるとれるようになります。

公邸料理人の海外勤務において会食という重要な仕事もあります、その都度ボスと献立を決めて当日を迎えます。

場合によては、テーブルセットや飾り付けにまでこだわれる事もできますし、何より自分カラーでの仕事になるので責任感と緊張感は半端ないです。(最初は特にですが、のちに慣れてきますよ笑)

こうして一面だけを伝えるのはやや気まずいので、仕事以外の所でもさまざまなメリットがあるというのも書いていきましょう。

文化・言語の習得

海外勤務によって、異文化や異国の言語を学ぶ機会が得られます。現地の食材や料理法に触れることで、料理の幅が広がるだけでなく、独自の技術や知識を身につけることができます。
個人的な努力は別途必要になります

国際的な人脈の構築

大使館や外交団体との関わりが深いため、国際的な人脈を築くことができます。他の国の料理人や外交官との交流を通じて、さまざまな文化や料理に触れることができ、自身の視野を広げることができます。今やネット・メールが主流なので、人によっては任期終了後もやり取りをすることができます。

一方、海外勤務にはデメリットも存在します。

適応力の必要性

異文化や異国の生活に適応するためには、高い適応力が求められます。言語や習慣の違いに戸惑いながらも、柔軟に対応することが求められます。ですが公邸・大使館には日本人の外交官や親日のスタッフも勤務しているので完全な孤独ということもありません。

家族と離れての生活

海外勤務には、家族と離れ離れになることがつきものです。長期間の滞在や頻繁な転勤によって、家族との時間を制限されることがあります。家族との距離を感じることもあるでしょう。ご家族の子供さんが小さい時期や節目の時になかなか側にいてあげれない事もあります。
場合によっては夫婦で仕える料理人もいらっしゃいます。

給与面や生活においての特徴も知っておきましょう。

給与面

公邸料理人の給与は、一般的な料理人と比べて若干高めの傾向にありますが、大使・総領事との直接契約という形で各自の条件なども変わってくるため一概に決まってません、経験や技術技量、資格の有無に応じても影響すると言えますし昇給もしてくださいます。

勤務地

公邸料理人の勤務地は、主に大使館や公邸です。一般的に首都や主要都市にあることが多く、都市の中心部に位置していることが多いです。

そして、休日や自身の時間を有効に使い、観光地や地域のレストランまた、街並みの見聞をすることができます、休暇制度も充分にありますので近くの他国にも旅行に行くこともできます。(一部禁止区域もあり)

やりがい

公邸料理人として、外交の一環として自身の技術を活かしながら料理を提供することができ、外交の場で料理を通じた多文化交流を行うことができます。
各地域によっては日本で取り扱う事のできない食材や地域の料理技術を目の当たりにすることができると共に広い視野で日本の食文化と海外の違いを発見できることにやりがいを感じる方も多いです。

何よりも新たな地で1から始めるような環境になるので人として大きく成長できることが一番の魅力とも言えます。

【まとめ】


公邸料理人は、海外勤務によって文化や言語を習得し、国際的な人脈を築くことができる一方、適応力や家族との離れ離れになるといった事にもなります。給与面ではやや高い傾向にある。
給与や海外勤務手当が期待できる一方で、家族との時間制限や頻繁な転勤といった生活面の制約もあります。しかし、外交の一環として料理を提供することにやりがいを感じることができるため、多くの料理人にとって魅力的な職業といえます。

以上、経験者が語る料理人とはでした。

最後に
現在は女性の大使・総領事も多くなっており女性公邸料理人が求められている状況とも伺います。男女問わず興味があれば見聞きして挑戦していると一生の経験になることは間違いないです。

グローバル化の社会と言いますがやはり食事というものは人にとって切ってもきれない物なので料理人という仕事がなくなることはないと考えます。そのほか質問などがあればコメントにお願いいたします、私なりの解釈でお答えいたします。

国際交流サービス協会(IHCSA)という機関がまとめて募集をしてます

公邸料理人に関しての募集や資料などは「こちら」のリンクから見ることができますので載せておきます。勤務地や条件に関してもある程度工面してくれます、がタイミングよくということもあるので登録だけしておくこともできます、行きたい国を見ることが叶うかもです。

今回もありがとうございました☺️

料理人の最大の武器とも言える包丁について「私・・・語ります笑」

日本料理人 ー海外生活の忘備録ー - にほんブログ村和食・日本料理ランキング
プロフィール
在ドイツ公邸料理人
kawablog

日本料理歴25年の経験をもとにブログで日本料理の魅力を広めようとしてます
兵庫県出身 高校を卒業し大阪のホテルでの修行後
2020年11月よりドイツの公邸料理人として赴任(在職中)

若い日本料理人向けに専門的な季節料理の記事やアレンジレシピ・考え方や由来なども含めた記事にしています

またベルリンでの生活状況・観光情報も私なりの解釈を含めて紹介
楽しんでもらえれば何よりです

ご意見やご指摘、わかり難い記述等がありましたらコメント欄から指摘をお願いします

kawablogをフォローする
情報
kawablogをフォローする
料理人の備忘録

コメント

タイトルとURLをコピーしました